ごあいさつ

当社は、1954年に小売業発祥のビルメンテナンス会社として創業いたしました。以来、とくに大手百貨店とその地域の皆さまに寄り添い支えられ、清掃、警備、設備管理、建設・工事などのノンコア業務の提供を通じて、小売業の価値向上の一翼を担ってまいりました。現在は事業を拡大し、オフィスビルや病院なども含む幅広い施設でサービスを提供しています。

お客さまからの信頼は一朝一夕に得られるものではありません。だからこそ私たちは、創業者が重んじた「諸悪莫作 衆善奉行」、つまり、当たり前のことを当たり前に徹底するという信念を60年以上経った今も根底に持ち、行動指針にもある「誠実」「ひたむき」「正直」を最大の特徴であり強みとして自負しています。

世の中のデジタル化、オンライン化が進むなかで、施設は「リアルな場」としての意味や価値を問い直されています。当社は機械による効率化と、人によるホスピタリティを融合させ、コストの適正化や環境負荷の削減を含む複合的なお客様の課題を解決し、「リアルな場」ならではの魅力を作りだす土台を支えます。
さらに、新型コロナウイルスとの共存が求められる今、最優先されるのは「お客様・従業員にとって安全・安心な環境」をつくることです。目に見える“快適”に加え、目に見えない“安心”もお客様、施設を利用される方々にご提供していきます。

当社は今年、総合ビルメンテナンス業としてのさらなる発展を目指し、「白青舎ビジョン2025」を新たに策定しました。多様な従業員が高い専門性を発揮し、働きがいを感じられる環境づくりへの努力を追求します。そして、お客様の期待を超えた安全、安心、高質、信頼をこれからも提供し続けてまいります。

代表取締役社長
磯貝 孝幸

経営理念

当社は、「高い専門性を発揮する総合ビルメンテナンス企業として、お客様の期待を超えた安全、安心、高質、信頼を提供し続ける企業である」ことを経営理念とします。
そのため当社は、従業員一人ひとりが心の底から明るく、元気に働ける環境を提供し続けます。
また当社は、やりがいのある仕事を通じて、従業員個人の喜びと成長を促進させ、その喜びと成長の総和の最大化を図ることにより、持続的に成長していくことを目指します。

以上の経営理念に基づき、以下の行動指針を規定します。

行動指針

  • 誠実、ひたむき、正直に業務に取り組みます。
  • 常にお客様の立場で考え行動し、絶えざる革新に努めます。
  • 絶え間なく、変化する環境・お客様ニーズに対応し、お客様の期待を超えた満足を提供します。
  • 常に社会の一員としての自覚を持ち、法令・規範を遵守し、公正で透明性のある活動を行います。

代表取締役社長 磯貝 孝幸

白青舎ビジョン2025

総合ビルメンテナンス業として、科学的業務品質に裏付けされた専門領域で、
独創性のある技術と高いコンプライアンス意識による規律あるサービス品質を提供し、
お客さまの期待に応えると共に、そこで働く従業員が誇れる企業になる。

ビジョン2025 に込めた想い

  • 「総合ビルメンテナンス業として」とは、イオンディライトグループが標榜する、FM(ファシリティ・マネジメント)領域において、オペレーション領域(BM_ビルマネジメント・ビルメンテナンス)の実務を当社が担い、イオンディライト経済圏の一翼を担うこと。
  • 「科学的業務品質に裏付けされた専門領域」とは、FM領域への進化を目指し、当面はBM領域に特化し、業務の効果性・効率性を可視化・定量化し、調査・探求から導くエビデンスにより、付加価値の高い業務品質を実現すること。
  • 「独創性のある技術と高いコンプライアンス意識による規律あるサービス品質」とは、66年培った百貨店カルチャーを活かして自立発展する100年企業を目指し、従業員一人一人が社会倫理と当社の行動指針を実践し、圧倒的に高いホスピタリティで、お客さまが抱える課題を解決するサービス品質を実現すること。
  • 「お客さまの期待に応えると共に、そこで働く従業員が誇れる企業になる」とは、お客さまに選ばれ続けること。当社の従業員が仕事を通じて自己成長が実感できること。